フィリピン留学

フィリピン留学は1ヶ月でもTOEICのスコアが上がる【専門性で勝負】

フィリピン留学は1ヶ月でもTOEICのスコアが上がる

 

タマ

フィリピン留学を1ヶ月すればTOEICのスコアはあがりますか?

 

フィリピン留学を1ヶ月してTOEICのスコアが上がるかどうかといえば多くの人が上ると言って良いでしょう。

私が知っている留学生の中では1ヶ月で「410点から620点」「560点から700点」など留学した価値が十分あったという結果を出した人も少なくありません。

ここでは、フィリピン留学の1ヶ月でどれくらいの学習をすればTOEICのスコアが上がるのかについてまとめています。

 

フィリピン留学は1ヶ月でもTOEICのスコアが上がる

 

まず、結論から言えばフィリピン留学を1ヶ月してTOEICの点数を上げたいのであれば、TOEICのスコアを上げることに特化した学習法や環境を提供している学校を選ぶことが大前提です。

フィリピン留学ではどの学校でもTOEIC対策が出来ると書いていますが、その多くは「TOEICなんて模試やって間違い探しをしていれば良い」程度の内容です。

例えば、フィリピン留学でTOEICといえば本気留学で有名なサウスピークです。

サウスピークでは、反転授業を取り入れていて授業を少なめにして、自習での勉強を多くする手法を取っています。

フィリピン留学では「授業数が多い=良い学校」と言った流れが根強い人気がありますが、サウスピークでは完全にその逆を行っているということですね。

 

アヤ

わざわざフィリピンに留学までして授業を受けずに自習ばかりってお金出している意味あるんですか?

 

一般的にはこう考えるのが自然です。

しかし、本当に英語が話せるようになった人の多くが口を揃えて言うことはこれです。

 

ロク

授業数は多くても6時間で本来は4時間もあれば十分、授業時間よりも復習と自習時間は多い方が良い。

 

フィリピン留学を1ヶ月してもTOEICが上がらない人の特徴

 

フィリピン留学をしてもたいしてTOEICのスコアが上がらなかったという人も少なくありません。

しかし、そういった人の大半はサウスピークのようなTOEICに特化した学校を選ばなかったり、欲張って英会話の学習やTOEICに関係ない授業などを受講していたパターンが多いです。

求めているものがTOEICのスコアなのに、たった1ヶ月の留学で欲張って色々すれば力が分散してしまってTOEICが上がらないのは簡単な話ですね。

英会話の練習をしていてついでにTOEICの勉強をするよりも、サウスピークのように「本当に英語力を上げる為に必要な学習をすればTOEICのスコアが上がる」というスタンスの方がスコアが上がりやすいのは言うまでも無いでしょう。

 

ロク

美味しい豚骨ラーメンを食べたいと思って、ファミリーレストランに行く人はいませんよね。それと同じで、目的があるならフィリピン留学も専門性の高い学校を選ぶべきです。

 

 

フィリピン留学後のTOEICスコアの平均

 

1ヶ月の留学後に伸びるTOEICスコアの平均はサウスピークの公式サイトにデータが掲載されていますね。


画像引用:サウスピーク

サウスピークが公開しているデータによると1ヶ月で上がるTOEICスコアの平均は「全体で88点UP」で上位者7割が「137点UP」なので、相当上がっていると言ってよいでしょう。

元々が「250点の人が1ヶ月で500点」+「750点の人が1ヶ月で800点」で平均は150点になってしまうので一概に平均とは言えませんが、私の経験から言えばしっかり頑張れば100点以上が平均になるのは間違いありませんね。

 

セブ留学で1ヶ月のTOEIC学習時間

セブ留学の中でも学習時間が長いと言われるサウスピークでは1日平均で10時間の学習をしています。

1日10時間というと長いような気がしますが、私が留学していたときでも毎日12時間は学習している人がゴロゴロといましたので、1日10時間はちょうど良い時間ですね。

セブ留学で1週間と言っても授業があるのは月曜日から金曜日の5日間なので、授業を含めて学習するのは50時間です。

もちろん、1ヶ月という短期間でTOEICのスコアを上げたいのであれば土日も遊んでいる場合では有りませんので最低でも5時間は勉強が必要です。

結論としてセブ留学をして1日の学習時間の平均は1週間で60時間、4週間で240時間していればよい結果が出せる程度に学習していると考えて良いですね。

相当頑張っている人で1日12時間、1週間で70時間、4週間で280時間ほどになるでしょう。

特に本気留学のサウスピークのように「本気で勉強したい人以外は来てほしくない」というスタンスで運営している学校では早朝から深夜まで誰かが勉強しているので自然に長時間勉強する環境がありますね。

 

 

TOEICはフィリピン留学よりも独学が良い?

 

フィリピン留学を1ヶ月でもして短期集中で一気にTOEICのスコアを上げることはおすすめできます。

日本で普通の生活をしながら毎日10時間近く勉強なんて出来る鋼の精神を持っている人はそうそういませんので、ササッと留学して短期集中するのが良いです。

しかし、ゆっくりでも独学で勉強できる人はフィリピン留学をする必要はありませんね。

フィリピンでも日本でも、TOEICの学習で最高に効率が良いのは学校の授業ではなく自習です。

例えば、TOEICで有名なサウスピークでも学校が提供している授業はTOEIC対策ではなく「発音矯正」「ライティングを含めたスピーキングレッスン」「4技能をバランス良く向上させるレッスン」「TOEICスピーキングを利用したレッスン」などです。

「発音矯正」をすることでリスニング力が向上しますし、「聴く、読む、話す、書く」をバランス良くレベルアップさせればTOEICのスコアもアップするので関係ない訳ではありませんが、TOEIC対策とは言っていません。

このようなことから「いつまでにTOEICの点数が必要」という期限が無く、独学でも必要なスコアになるまで自分のペースで学習を続けられる人は留学は必要ありません。

あくまで、TOEICのスコアを短期間で一気に上げて、基礎的な英語力を身につけたいという人にフィリピン留学はおすすめです。

 

セブ留学のサウスピークで1ヶ月のTOEICをする価値

 

1ヶ月くらい留学しても何の意味もないという意見も多いですが、それは本当に人それぞれです。

例えば、日本の会社では600点が採用の足切りになる場合もあるので、たった1ヶ月で600点を越えられるなら最高の結果でしょう。

日常英会話力を伸ばしたからと1ヶ月の留学をしても簡単に伸びないのは事実ですが、目標がTOEICであったり、発音矯正であったりと明確な目的があれば、1ヶ月の留学でもかなり効果は高まりますね。

 

ロク

ちなみにサウスピークの発音矯正は相当レベルが高いので、TOEIC無しで発音矯正だけを受講していても価値があるくらいですよ。

 

1ヶ月フィリピン留学をしてもほとんど英語力が伸びなかったという人の大半は明確な目的を持って集中して学習していなかったか相当酷い学校に行ったかのどちらかが多いです。

サウスピークの申込み規約などを読むと分かりますが「好き嫌いがハッキリと分かれるくらいに相当なことを書いています」のでどれだけ本気で結果にコミットしているのか良く分かりますね。

 

フィリピン留学でTOEICは無駄
フィリピン留学でTOEICは無駄【TOEICは独学でOK】フィリピン留学してTOEICのスコアを上げたいのですが効果はありますか?フィリピン留学でのTOEICは使い方によって最高に良い結果が出ますが、個人のタイプや目的によっては留学するのが無駄な人もいますので要注意です。ここでは、TOEICのためにフィリピン留学をするのが無駄になる理由についてまとめています。...