フィリピン留学

フィリピン留学に上級者が行っても効率が良くない【コスパ悪すぎ】

 

アヤ

英語の上級者と言われる程度に英語は話せるのですが、もっと英語力を伸ばしたいのでフィリピン留学って英語の上級者にでも効果はありますか?

 

フィリピン留学をする人は大雑把に分ければ95%以上が初級者から中級者です。

しかも、中級者と言ってもTOEIC650点ほどで英語が話せるという面から見れば初心者レベルの中級者ですね。

そのため、ほとんどの学校がそのレベルの留学生に対応するようにできているので、上級者のためのカリキュラムを用意している学校は無いに等しいです。

わざわざで短期間に安くないお金を払ってまで英語の上級者がフィリピン留学するほど効率は良くありませんし、むしろコスパが悪すぎです。

例えば、セブにあるサウスピークのように非常に好評な発音矯正のクラスが受けられるような学校で徹底的に発音矯正だけを受けるのならアリですけどね。

ここでは、上級者がフィリピン留学するコスパの悪さを説明してみましょう。

 

フィリピン留学に上級者が行っても効率が良くない

 

フィリピン留学は初級者から中級者向けだと言われますが、一番効率よく英語力を伸ばせるのは初級者で、レベルが上がれば上がるほど学習効率は悪くなっていきます

初心者で英会話の修得が目標だとすると、フィリピン留学は簡単な日常英会話を修得するには最短を目指せるので効率が良くオススメできます。

しかし、ある程度話せるレベル以上からは効率が悪くなるだけなので留学しても効果は低いですね。

ではフィリピン留学はレベルが上がるほど学習の効果が低くなる理由を3つご紹介しましょう。

 

フィリピン人の先生が上級者慣れしていないので教え方を知らない

 

これが、フィリピン留学が上級者に向かない一番大きな理由です。

フィリピン留学だけではありませんが、人に何かを教えるということは、これまでたくさんの人に教えた上で経験が蓄積され、さらに先生の努力によって教え方が洗練されていきます。

しかし、普段からほとんど初心者にしか教えたことが無い先生達は上級者に対応できたとしても、積み重ねてきた経験はありません。

もちろん、適当に難しく、それっぽい授業は用意してあるので形にはなります。

しかし、先生も経験が少ないために授業はすべて行き当たりばったりになるので効率は最悪という訳です。

教材にしても、何度も同じことをいろんなタイプの生徒に教えるから洗練されますが、年に数回しか使わない上級者向けに用意している教材では使いこなせる訳がありません。

 

フィリピン人からナチュラルなネイティブ英語は学べない

 

フィリピン留学で上級者がする学習と言えば「フリートーク」「ディスカッション」ていどの内容ですね。

ハッキリ言って一日先生とダラダラ話して終りです。

良く考えてくれる学校に入ったとして、ライティング学習かTOEFLやIELTS対策向けの内容を利用した授業でしょう。

これらの学習をすれば、フィリピン留学にある上級者に対応できると言われる学校に行けば、本人の積極性次第でそれなりの気付きはあるでしょう。

しかし、これは本人のやる気次第ですし、学校が教えるというよりも自分で気づける人でないと意味がありません。

また、現実的な話をすれば、フィリピン留学に来る本当の上級者の多くは「ネイティブと遜色ない英語力を身に着けたい」という希望を持ってきます。

フィリピン人でもハイレベルな先生であれば充分に上級者に対応可能な人もいます。

それでも彼らが使う英語はフィリピン英語ですので、ネイティブが使う言い回しは使いませんし、どれだけ綺麗な英語でもアクセントもイントネーションも違います。

フィリピン留学でネイティブ英語は学べません。

わざわざ高いお金を払ってフィリピン留学するくらいであれば教師の資格や講師経験のあるレベルの高いネイティブから学べる【Cambly(キャンブリー)】を使って練習する方が上級者にはよほど有益です。

 

フィリピン人の先生から英語以外に学べることは少ない

 

私も長期間フィリピンに住んでいるので、超お金持ちな人から貧困な人までさまざまなフィリピン人の知人や友人がいます。

そして、こういってはなんですが、英語学校の先生レベルの層からは英語以外にあまり学ぶことはありません。

もちろん、お金持ちレベルであれば下手な日本人よりも余程お金持ちです。

ビジネス感覚も国際的な感覚も上を行っている人ばかりですし、家族が外国籍で国際感覚を持っている先生や純粋に勉強熱心で非常に頭が良い先生もいます。

しかし、語学学校で働く先生にはフィリピン国内から出たことがない、むしろセブであれば田舎の島とセブ以外知らないという人も多いです。

基本的には狭い世界で生きている20代の先生ばかりです。

日本の社会で揉まれた日本の社会人とはや知識レベルや精神年齢で大きく開きがあるため、先生と会話をしていると、ほとんどの場合で先生と生徒の立場が逆転してしまいます。

上級者がフィリピン留学に行くと、先生や学校から何か吸収するよりも自分が先生達に与えている状態になってしまいますね。

英語の上級者はフィリピン人からではなく、【Cambly(キャンブリー)】でネイティブ講師から格安で受講する方が断然良いですよ。

 

英語の上級者は日本でコーチングの英会話スクールに行くべき

 

ここまでのような理由から上級者にとっては、たくさんの人生経験豊かなネイティブ講師から授業が受けられる【Cambly(キャンブリー)】がおすすめです。

しかし、しっかりと管理された中で学習したい人はコーチングしてくれる日本の英会話スクールの方がはるかにコスパが良いと言えます。

コーチングスクールであれば、フィリピン留学のように英語が話せないオーナーが監修に関わったカリキュラムや、たいして英語が話せないスタッフにがっかりする必要はありません。

本当に話せるしっかりとしたスタッフやネイティブ講師からカウンセリングを受けて適切なアドバイスがもらうこともできます。

また、自分以外の英語上級者の人達と同じ空気にいることで、モチベーションも上がります。

 

テスト対策ならコーチング系の英会話教室

 

上級レベルであればコーチングが売りの【PROGRIT】がオススメです。

PROGRITのような高級英会話スクールを利用しても、フィリピン留学するよりは50%OFFで済みますし、お金を出している分だけ本気になれるのでおすすめです。

まだ少し話せる程度の中級者にはオススメしませんが、一般的に見ればもう充分に話せるレベルなのに上を目指したい人には良いですね。

体験してみれば質の違いがわかります。

 

ネイティブのレッスンが格安のイングリッシュビレッジ

 

まずはたぶん日本全国規模で考えてもダントツでネイティブの授業が安く受けられるイングリッシュビレッジです。


先生として雇用しているネイティブの質も高い上に、一般の学校では1レッスンで6,000円以上かかるネイティブとの1対1の授業がたった2,100円から受けることができますからね。

この料金でグループクラスではなく、マンツーマンです。

4人、5人で一人の先生をシェアするグループクラスと先生を独占できるマンツーマンでは、レッスンの密度が全く違うのは説明するまでもありません。

しかも、イングリッシュビレッジは月謝制ではなく、チケット制ですし、講師の指名や予約時間も自由など無理なく授業を続けることができるのも良いところです。

フィリピン留学ではまともな感覚のネイティブから受講できません

 

KEC外語学院

 

関西で本気で英語を学習したい人向けであれば「KEC外語学院」です。

ホームページ上にも「真剣に学習する人のみ募集」と書いてある通りスパルタですが、その分しっかりとサポートしてくれます。

ただし、超初心者にはおすすめではなく、最低限TOEIC600程度はないと要望が厳しすぎますね。

超初心者とTOEIC700台の友人二人が通いましたが、超初心者の内容は「それができるなら来ない」という位に厳しい内容でした。

人から厳しい要望されて、自分を追い込みたい人向けです。

公式サイト:KEC外語学院

 

英語の上級者にはバンコク留学がおすすめ

 

やはり留学して短期間で効率よくネイティブ英語を学びたい上級者の人には、フィリピン留学ではなく、タイでバンコク留学をオススメします。

フィリピン留学とバンコク留学の最大の違いはバンコクは講師が全員ネイティブということです。

タイなのでタイの先生かと思ってしまいますが、バンコク留学では講師は全員ネイティブですし、カリキュラムはカナダ、オーストラリアなどに留学する内容と同じです。

しかも、カナダやオーストラリアで受講できる内容と同じなのに料金は半額で、フィリピン留学と比べても大差ありません。

もちろん、フィリピンは主にマンツーマン、バンコクはグループクラスという差はありますが、上級者レベルのグループクラスであればその価値は計り知れませんので充分にオススメできます。

バンコクにある英語学校のインターナショナルハウスはカナダ、オーストラリア、イギリスなどにも展開しているスクールですので、それらの国へ行くのと同じクオリティの授業を受けることができます。

 

ベストティーチャーでイギリス英語
イギリス留学するならベストティーチャーでイギリス人からライティングを学ぶ イギリスへ留学するのであれば留学前にイギリス英語に慣れたいのでオンライン英会話でイギリス人講師からレッスンを取るのもオススメです...