フィリピン留学

英語が話せないワーホリのスタートに語学学校で勉強はお金の無駄?

ワーホリのスタートとしてまず最初に語学学校で英語の勉強をして英語が話せるようになろうという計画を立てる人が多いですが、それで成功した人にほぼ会ったことがありません。

フィリピン留学で、ワーホリ帰りやワーホリ途中の人にたくさん会いましたが、ほとんどの人が「語学学校での英語の勉強は無駄だった」と話します。

そこで、ワーホリで語学学校に入っても英語が伸びない理由を説明してみましょう。

ワーホリで語学学校に入っても英語が伸びず無駄な理由

この理由はいくつかありますが、主に英語の学習面では下記の様な理由です。

●授業が大人数のグループクラスなので効率が悪い

●授業は全然分からなくても勝手に進んでいく

●話せない日本人ばかりのグループでつるむ

それでは、なぜこれらがダメなのでしょうか?

授業が大人数のグループクラスなので効率が悪い

当たり前ですが、基本的にフィリピン留学以外の英語留学は授業がグループクラスです。

グループの人数は少なくても10名前後、多ければ20名ほどになります。

学校によりますが、授業1コマが90分として、授業中に英語を話す機会がどれくらいあるかと言えば、0分から3分ほどが良い所です。

基本的には、日本の学校の授業と同じで、先生が説明しているのを聞いてノートを取ったり、たまに話すチャンスが来て発言する程度です。

例えば、少人数で10人グループだったとして、90分を均等に割っても自分の時間は9分しかありません。

授業中は先生が半分話したとすると、残りは4分30秒です。

そんなクラスを1日3コマで270分続けたとしても、自分が持っている時間はたった13分です。

それで英語が話せるようになるなら、嘘でも英語教育を受けている日本人は全員ペラペラです。

授業は全然分からなくても勝手に進んでいく

英語の初心者が学校に入学したところで、もちろん授業は全て英語で進みます。

初心者のクラスでは、幼稚園児がするようなアクティビティなどが多いですが、文法のクラスでもなんでも英語で進みます。

ここで問題なのは、英語が分からないから留学してるのに、英語で英語を説明されたところで理解出来るわけがないということです。

そして、分からないから質問したいと思っても、分からないことを説明出来ないですし、分からない理由を伝えることもできないので、授業は分からないまま進んでいきます。

頑張って声を上げて質問したとしても、生徒は自分だけではないので何度も何度も質問して授業を止めるようなことはそうなんどもできません。

クラス分けで低レベルなクラスにいるのは日本人ばかり

語学学校に入ればレベルチェックをしてクラス分けがあるのは当然ですが、ワーホリで人気がある国であればどこに行こうとレベルが低いクラスは日本人ばかりです。

学校によっては日本の英会話教室に通っているのと変わらない状況になることもあります。

ただ、私は日本人が多いから日本語ばかりを話して英語が話せるようにならないなんてことは言いません。

留学せずに日本で仕事しながらペラペラになった人なんてゴロゴロといますからね。

むしろ、早くペラペラになるには効率よく日本語を利用した方が良いと言えます。

ではそれの何がダメかと言うと、最初から英語を使わなくても生活がどうにかなる環境ができてしまうからです。

周りにいる日本人の全員が前向きに勉強に励む人であれば良いですが、本気で将来を考えて英語を勉強したい人がワーホリで語学学校に入ることはまずありません。

今の世の中、ネットを探せば本気の人がどうやって勉強するかなんていう情報はすぐに手に入ります。

しかし、ワーホリで語学学校に入る英語初心者の人の多くは、本気で徹底的な情報収集をせず、英語で何をしたいかなども明確に考えておらず、漠然と学校に行けば英語が話せるようになるだろうと考えているレベルです。

一番最初にそういった輪の中に入ってしまうと、よほど元から行動力がある人でないと、最初から先は見えてしまいますね。

ワーホリで語学学校からスタートする3つのメリット

ワーホリのスタートで英語の勉強のために語学学校に入るのは無駄としか言えませんが、英語の初心者が学校に入るのには大きなメリットがあります。

●すぐに今後のワーホリ生活を左右する可能性のある友達ができやすい

●情報が得られるコミュニティに入りやすい

●助けてくれる人に出会いやすい

これらは、英語が話せない初心者には本当に助かることです。

よく英語も話せない人が本気で英語を勉強したいからと日本人が少ない学校や少ない場所を選びますが、英語ができなければ日本人が多い方が絶対に良いです。

ワーホリに来る人は誰でも少なからず「英語への不安」「仕事への不安」「友達ができるか不安」などを抱えていますので、安心してコミュニケーションが取れる日本人は心の支えになります。

また、日本人で英語のできる人は、自分もできない人の気持ちがわかるので、英語で困っている人を見ると助けてくれる人が多い傾向にありますし、そういう人が身近にいると本当に心強いです。

助けてくれる人を見つけに行くというとちょっと違うのですが、英語が話せないなら日本人の友達を見つけやすい学校へ行くほうが良いのは間違いありません。

英語が話せなくても自分にコミュニケーション能力があれば、英語環境に慣れてきたころには自然と外国人の友達もできるようになりますからね。

しかし、日本でも友達作りが下手、コミュニケーションが苦手な人は海外に行ったからと言って、そういうことができるようになる訳でもありませんし、それが英語となるとさらにできる訳がありません。

ただ、1人が好きという人もいるので、個人的には友達を作らなければ負け組という考え方は大きなお世話だと思います。

友達でなくても、日本人スタッフが居る学校もあるでしょうし、エージェントを利用していれば現地オフィスを使うのも良いでしょうし、先生であれば仕事なので初心者のつたない英語でも話をきいてくれるので安心です。

そして、語学学校は最長でも4週間ほど滞在すれば充分です。

どのみち初心者がグループクラスしか無い国で勉強したところで英語力なんて、ほんの気持ち程度しか伸びませんからね。

最初から、慣れることと情報収集に全力を注ぎましょう。

英語ができなくても仕事を見つけて生活ができるのか?

行けば分かりますが、ワーホリで英語が話せない日本人が行くような国は、英語が話せない人ばっかりでもどうにかなるようなコミュニティが形成されていますので、よほどネガティブ思考でない限り生活はどうにかなります。

私の友人周りを見る限りでも、英語が話せなくてもそれぞれ何とか仕事を見付けて頑張っていました。

カナダでゲストハウスのハウスキーピング、オーストラリアのファーム(多数)、日本食レストランのキッチンなどが主な仕事でしょうか。

ワーホリ前に英語ではなくタイでタイマッサージを身に着けてから行った友人数名は、英語は初級レベルなのにすぐに仕事を見付けていたというパターンもあります。

1ヶ月ほどで認定を受ける事ができるので手段としてはオススメと言えるでしょう。

また、こういっては何ですが、仕事探しには「見た目」「陽気さ」は非常に重要です。

特に男性の場合は、日本でホールの経験があって英語が話せる人であろうと、見た目が悪いと相手にされないことがありますので、顔だけではなく貧乏くさい服装をしていないも重要です。

顔で落とされたらどうしようもありませんが、服装を整えておくだけでも印象は変わるので注意しましょう。

その点で言えば、日本人女性はどの国へ行ってもモテる傾向にあるので、見た目が普通であれば大きなアドバンテージがあると言えます。

ただ、仕事はどうにかなると言っても、英語が話せない時点で仕事は選べないと思った方が良いでしょう。

現地で働いて生活していれば英語力は伸びる?

現地で仕事を見付けて1年~2年のワーホリ生活を送れば英語力が伸びるかどうかと言えば、伸びない人がほとんどです。

ワーホリ中に英語力が伸びる人は、だいたいが諦めずに勉強を続けた人です。

もちろん、英語が必要な仕事に就いているかという違いも大きいですが、それでも仕事とは別で勉強を続けていないと、英語を聞き慣れて、サバイバル英語ができるようになっても、本当に英語が話せるようになることはほぼありません。

少なくても私の友人、たくさんの留学生を見てきた限り、初心者でワーホリへ行って英語を身に着けたケースは0です。

英語が話せないのに外国人の彼氏を見付けた人やそのまま結婚した人は思ったより多いですけどね。

日本人女子は海外になると、日本人と違って積極性があり、とてもストレートに愛情表現をしてくれる外国人に対してハードルが下がる傾向にあって、ジャパ専と呼ばれる外国人に狙われる人もたくさんいますので注意は必要ですよ。

英語が伸びないのでフィリピン留学をする人が少なくない

フィリピンの留学業界で働いていた時には、結構な数のワーホリ帰りや途中の留学生に会いました。

そんな彼らの大半が英語が話せないままワーホリへ行って、まず語学学校で数ヶ月勉強してからスタートとしたものの、まったく英語力が伸びることがなく、まともな仕事を見付けられずに途中で諦めた人やワーホリを一旦中止をした人達です。

そして、どうして彼らはフィリピンに来たかと言えば

「現地でフィリピン留学してから来た人に会って、良いと勧められたから」

「英語が話せる人達に理由を聞いたらフィリピン留学していた人が多かったから」

といった理由でした。

ワーホリ後に来る人の方が多かったですが、思い切って途中できたという人には切羽詰まって本気で学習を頑張る人でしたし、ワーホリよりも英語を伸ばすことがメインだった人の中には、ワーホリを止めてそのまま長期間フィリピンで勉強する人もいました。

どこの学校でも英語が伸びるとは言いませんが、それでもフィリピン留学でマンツーマンで授業を受けることができる効率の良さはオーストラリアやカナダの語学学校に入ることに比べれば大きな差があることは明らかですね。

そう考えれば、ワーホリのスタートで語学学校に入るのであれば、ワーホリに行く前にフィリピンによって勉強してから各国へ行くのが一番効率が良いでしょう。

フィリピン留学である程度英語を身に着けてからであれば、ワーホリのスタートで情報収集目的で学校に入ったとしても、クラス分けで2ランク~3ランク上のクラスに入れるので、最初から日本人が少ない外国人の友人が作りやすくなるメリットもありますよ。

どうせなら英語が話せない人の集まりよりも、英語が話せる人の集まりの方が海外で生活している感が高くなって良いですよね。