フィリピン留学

英語脳は無理!留学して日本人ばかりだと英語脳が作れないって嘘

フィリピンやフィジーに留学すると日本人の多さにびっくりする人が多く、その結果で「日本人が多いから日本語ばかりになって英語脳が作れないから意味がない」という人がかなり多いです。

しかし、結論から言えば英語力が伸びる伸びないに日本人が多い少ないはほとんど関係ありませんし、英語脳なんて本来は作ることが無理です。

タマ

留学中に日本語は使わない方が英語脳ができて英語力は伸びるような気がしますけど・・・

ロク

留学生の体験談や留学エージェントスタッフなどの多くが同じことを言うので一種の洗脳ですね。
英語力の伸びと日本語はほぼ関係ありませんし、そもそも英語脳って凄そうですけどなんなのでしょう?

日本人が行く留学先はどこも日本人ばかり

フィリピンは学校の資本によっては韓国人・台湾人・中国人が多い学校もありますが、日本人の多くは日系の学校を好むので日本人ばかりです。

むしろ、フィリピンだけでなく、フィジーやアメリカ、カナダ、オーストラリアの学校も日本人やアジア人ばかりです。

場所と学校によっては欧州の生徒がいる場合もありますが、英語力の低い人は低レベルなクラスにまとめられますので、必然的にクラスには日本人やアジア人が多くなります。

そうなると英語を話したくても日本人同士で集まって日本語ばかりを使ってしまうので、英語力が伸びないという意見が出てきます。

学校としては、そういった悪評を無くすために普段から学校で英語を話すようにとEOP(English Only Policy)という母国語禁止など、留学生の極一部の人にしか効果がなくストレスを溜めるだけのルールができたりします。

タマ

確かに私もEOPの学校へ行きましたが、話せないので話しかけられるのが嫌でした。
英語が話せる人は楽しそうにしていましたけど・・・。

ロク

英語脳なんて無理ですし、少し英語が話せるだけの人やほとんど話せない人同士がEOPの学校に行っても効果なんて無いに等しいですね。

また、一番のポイントは、留学生の全員が外国人であろうと、拙い英語を話す人同士が集まっても英語力の伸びには関係ないということです。

そのような環境で手に入るのは「間違った英語でも伝わるから大丈夫という度胸」と「外国人の友達」だけですし、そんなものはコミュニケーション能力の問題なので留学しなくても手に入ります。

日本語を使わなければ英語脳が育つなんて証明できていない

ネイティブや幼少期から英語環境で過ごして英語を自然に身に着けた人であれば「英語で考えて英語で話す」ということもできますが、10年、20年、30年と日本語だけで生きてきた人には数週間や数ヶ月日本語を使わないくらいで英語脳なんて無理です。

むしろ英語脳なんていうのはどこかの大学の教授が研究した結果で

「英語が上手い人は日本語と英語を違う言語野で考えていて、英語が下手な人は日本語と英語を同じ言語野で考えている。なので、英語を話したければ英語脳を育てないといけない。」

というような説から英語脳が生まれたのですが、誰にも証明できていないので文献すらまともにありません。

いつまでも英語脳と脳科学を繋げて売りにしたい業者が利用しているだけです。

日本語+英語が一番の近道

日本語であれば誰かと会話をしていても、会話の流れから先読みして相手が何を言いたいか探り合いながら会話をして、同意する、反論するなどいろんなパターンに持っていくことができます。

しかし、英語脳などと言ってそんなことを英語で考えようとすると時間が掛かってしまって処理が追いつかずに会話にすらなりません。

それなら、考えることは日本語で考えて、日本語から英語に翻訳するスピードを上げるというのが現実的ですし、一番簡単で確実な方法です。

例えば、英語でも「I can’t speak English.」「I don’t know.」「This is a pen.」レベルであれば考えること無く話すことができるはずです。

そして、どうしてこれらは簡単にできるかと言えば、日本の生活でも当たり前のように耳にして、何度も口にしたことがあるからです。

その結果「私は英語を話せません」が、1秒以内で瞬時に翻訳できるようになっているということですね。

もっと慣れてくれば0.5秒で翻訳できるようになり、0.1秒になればそれこそ英語脳と呼んでも差し支えはないでしょう。

日本語で考えて英語で話す翻訳スピードを上げる

とりあえず英語が話せるようになりたいのに、英語で英語を考えるなんてことをしていると話せるようになるまで時間が掛かって仕方ありませんし、話せない人が英語で英語を考えるなんてできません。

なので、ある程度話せるようになるまでは日本語で考えて英語で話せるようになる翻訳速度を上げるのが一番てっとり早いですね。

それにはまず、カランメソッドのような徹底的に基礎の反復練習ができる学習法で、簡単な英語を聞き取って、話せるようにする訓練が効果的です。

そうした訓練を経て翻訳スピードが短くなれば、いかにも英語脳が出来たようなスピードで会話をすることも出来るようになりますし、「I can’t speak English」のような使い慣れた言い回しをどんどんと増やすことで日本語で考えること無く使えるようになります

日本人が英語の勉強をしているのに、いつまでもまともに話せない理由の一つとして、そんな簡単なレベルの英語がまったく使いこなせていないのに次々に新しい勉強ばかりしているからというのもありますね。

留学するなら日本人率よりも適した学習方法があるかないかで選ぶ

これまでのような理由から、留学で一番大事なことは日本人が多い少ないではなく、自分のレベルに適した学習方法がその学校にあるかないかです。

と言っても、これから留学する人には何が良いのか良く分かりませんよね。

そこで、本当に英語が話せるようになりたくて留学する人のために簡単な学校の見分け方をご紹介しましょう。

中学文法も理解できていない超初心者向けの学校

そんな学校はありません。

まず、中学3年間の文法を7割から8割理解できるようになるまでは日本で勉強しましょう。

1人で勉強していても良く分からないのであれば、DMM英会話ネイティブキャンプで日本人講師から文法授業を受けると効率が良いですね。

このレベルでは先生が外国人である必要は皆無ですし、ライティング、ボキャブラリー、リスニングはまったく必要ありません。

とにかく最低限が身に付くまで自分で頑張りましょう。

中学文法はある程度理解できているが英語が話せない人

留学するのであればカランメソッドのようなダイレクトメソッドを取り入れている学校を選びましょう。

このレベルの人に重要なことは英語の勉強ではなく、ひとまず簡単な英語を話せるようになるためのトレーニングです。

ダイレクトメソッドと発音のクラスさえあれば他の授業は必要無いと言っても過言ではありません。

1日6レッスンならすべてダイレクトメソッドのレッスンでも良いです。

むしろ、最短で簡単な英語を話せるようになりたいのであればそれがベストの方法です。

フィリピン留学であればカランメソッドの公式認定校やダイレクトメソッドを取り入れている学校を選ぶと良いでしょう。

中学英語である程度話せるけど全然英語がペラペラとは言えない人

このレベルの人が留学するのであれば、カランメソッドのようなダイレクトメソッドとライティングができる学校を選びましょう。

きっちりとした発音やイントネーションにこだわった経験がないのであれば、発音クラスもあると更に良いですね。

ある程度話せるのに全然伸びないという人の多くが、基礎力を使いこなして話すことができない人ですので、まずはしっかりと基礎を使いこなせるようになるトレーニングが必要です。

難しいことをしなくても、簡単なことを使いこなせるようになれば、自然と難しい英語も使いこなせるようになるでしょう。

また、ペラペラになるためにはライティング学習が非常に重要です。

私は留学でライティング学習をすることはあまりオススメしませんが、留学したいのであればライティングができる学校を選んだ方が良いですね。