40代からの転職

40代でも留学後は就職に有利になる?英語はあまり話せない

40代でも留学後は就職に有利になる?

 

今40代でこれまでは物流、事務、営業などで働いていましたが、仕事を辞めて金銭的に余裕がある内に夢だった留学と海外就職を考えています。

40代ですが、英語はまだまだなので、1年間は本気で勉強して海外就職を目指そうと思いますが、この歳でも英語を身につければ新しい職には有利になるでしょうか?

 

私は、留学業界で働いている時に転職エージェントとも提携していましたので、このような海外就職について相談を受けることもありました。

ここでは、そういった相談経験から実際は40代からの海外就職はどうなのかということについて掘り下げてみました。

・40歳からでも海外就職はできるのか?

・海外就職にどれくらいの英語力が必要なのか?

・海外で一生働く覚悟があるのか?

 

40代でも留学後は海外就職に有利になる?

 

まず、結論から言ってしまえば40代からの海外就職は「とてつもなく厳しい」と言わざるを得ません。

一般的に海外でも就職の募集要項は35歳程度を想定しており、それを越えると年齢制限で徐々に厳しくなるのは日本と同じです。

それでも40代で働けるとなるとやはり「即戦力の実務経験」が必要ですね。

海外就職と言っても何でも良い訳では無いと思いますが、ハッキリと言って専門的なスキルを使った実務経験が無い40代の人が海外就職をしようと思うと、職を選んでいる余裕はありません。

自分がこれまで培ってきた知識や経験を活かせる職業で仕事が無ければ、フィリピンのような緩い国でもかなり厳しいことには間違い無いでしょう。

どこでも無条件で仕事ができるとすれば、契約社員やパートとして雇用されるコールセンターのスタッフ位でしょうね。

 

ロク

フィリピンなら仕事を探す前に3校~5校ほど短期留学して英語を身に着けていれば、学校と繋がりもできますし、数校の留学経験や社会人としての経験を買われて就職出来る可能性は高いですけどね。

 

ただ、何のコネも無ければマレーシア、シンガポールなどはやはり厳しいでしょうし、もちろん欧米圏は無理に近いレベルになりますね。

40代からの海外就職にどれくらいの英語力が必要なのか?

40代からの海外就職にどれくらいの英語力が必要なのか?

もし、あなたが知識も経験もない40代から海外就職を目指すのであれば、英語力の比重はかなり大きくなります。

海外で未経験で仕事が出来ると言えば英語が一切必要ないコールセンターか、「中小企業の新規事業」での営業などが多いですね。

この際、日本人に任せる営業はホトンドが日本企業相手ですが、営業職では必ずビジネスレベルの英語力は必要になります。

反対に、あなたのスキルや経験が仕事に十分に貢献できるレベルであれば、英語力はそれほど求められませんのでTOEIC600レベルの英語力でも問題ありませんね。

ただ、それでも同じ仕事ができる20代、30代、40代が居れば間違いなく20代から優先されますので、これくらいで大丈夫と気を抜くことは出来ません。

何度でも言いますが、このあたりもフィリピンでの仕事なら壁はかなり低いです。

 

40代から海外で一生働く覚悟があるのか?

 

40代からの就職で一番大きな問題になるのが「海外で一生働けるのか?」ということです。

40代からの海外就職は自分の能力と学歴次第で出来る可能性はありますが、それと海外で一生働けるかどうかは別の話です。

フィリピンでもそうですが「移住する覚悟できました!」と言って、仕事が合わなかったり、現地スタッフと折り合いがつかずに2ヶ月から3ヶ月で逃亡してしまう人は少なくありません。

もちろん、本人はやる気でも会社が不要だと考えて、試用期間中に切られてしまうこともあります。

他にも、仕事によっては1年契約の更新なので、給料が高く、VISAサポートにお金が掛かる外国人は契約が更新されない可能性も十分にありますね。

また、45歳で海外就職できたとして、同じ会社で5年ほど働いたとしても、50歳になって日本に戻ると再就職はかなり厳しいものになるのは目に見えていますよね。

さらに言えば、東南アジアなどに就職した場合は給料も日本より低いので、将来を考えて日頃から節制していないとお金が無くて日本にも戻れない羽目になりますよ。

ですので、40歳からの海外就職目指すのであれば、複業として考えて会社以外の収入を得られるように行動する必要がありますね。

日本脱出するなら副業じゃなく複業・収入源を分ける 日本でも副業は話題になっていますが、これから日本脱出して海外へ出ようと思うのであれば「副業ではなく複業」が必須です。 ...

40代でも日本脱出は遅くない

 

基本的に私は年齢的に有利不利に関わらず、海外就職や海外移住にチャンレンジしたいのであれば絶対にやった方が良いと思う方です。

きっと海外就職したいという人は、これまで心のどこかに閉まっていた夢だったり、そういった生活に憧れていながらも、何らかの理由でずっとチャレンジすることができずに40代になってしまったんだと思います。

単に今の仕事や自分の生き方が嫌で、日本脱出すれば何か違う世界が開けるのかも知れないという人も居るでしょう。

私自身、40歳前にフィリピンに渡り、フィリピンの語学学校で仕事をして、40代で2度もフィリピンで無職になり、無収入の状態から1年掛けてブログ・アフィリエイト・WEBライターなどをして収入を得て、現在はフィリピンと日本を行き来しながら生活しています。

さすがに2度目に無職になった時は日本に帰国して、最底辺の仕事でもなんとか再就職を目指そうと思いました。

しかし、そこですぐに40代でもできる仕事に再就職するのと、やりたいことにチャレンジして失敗してから1年後に再就職することを考えても、40代で日本で再就職を目指す厳しさはたいして結果は変わらないと思い、1年使ってフリーランスとして働く海外ノマドにチャレンジしました。

 

ロク

まだまだ余裕とは言えない収入ですが、たった1年チャレンジしただけで少なくてもフィリピンで就職していた時に貰っていた給料は上回っていますね。

 

まとめ

 

むやみに煽って人の将来を棒にふらせるのも嫌ですので、一般常識としてこのような話をしていますが、私は後先考えずにやりたいことはしてしまうタイプです。

もちろん、最初は将来を懸念していました。

しかし、フィリピンで働いたことで「どうにでもなる」という精神が鍛えられましたね。

また、私は過去に店舗を持って起業して失敗した経験もあり「失敗しても人生終わる訳ではない」ということが分かって、就職できなくても自分で何かすれば良いと開き直ることが出来たのも大きいです。

もし、あなたが就職に有利な経験や技術を持っているのであれば、40代からでも良い給料を貰いながら物価の安い国で悠々と生活するチャンスなので、是非トライすれば良いでしょう。

多少日本より給料が下がっても、物価が三分の一になれば給料は上がったのと同じですからね。

しかし、あなたが何の経験も英語力もない人だとして、今の私が同じ様な相談を受けるのであれば、海外就職を目指すのではなく、会社とは別で世界のどこにいても仕事ができるフリーランスを目指すことをお勧めしますね。

海外移住ならフリーランスになる
海外移住なら無料のプログラミングスクールでフリーランスになろう フリーランスの中でもプログラミングスクールを利用して、プログラミング技術を身に着けるのが海外移住を成功さ...
海外移住に一番簡単な方法
海外移住で仕事探し?アジアならブログ収入の月10万円で生活できる 海外で旅をしながら稼いで生きていく方法なんて本当にあるの? 日本を離れてノマド生活をしてみたいけどどうすれば良いの...