はじめての海外旅行

英語が話せなくても大丈夫!海外初心者の一人旅におすすめの国ランキングTOP5

アヤ

海外一人旅を計画していますが、英語がほとんど話せないので心配です・・・海外初心者でもおすすめの国ってどこですか?

 

全然英語が話せない人が海外を一人旅するのはやっぱり怖いですよね。

 

ロク

しかし、アジア圏であればアメリカやイギリスと違って、日本人というだけで入国審査でいろいろ聞かれることもまずありませんので、緊張する必要もありませんね。

 

そこで今回は、英語が話せない海外初心者の一人旅におすすめの国ランキングTOP5をご紹介します。

 

英語が話せなくても大丈夫!海外初心者の一人旅におすすめの国

 

結論から言ってしまえば英語なんて話せなくても海外を一人旅している人は山ほどいますし、むしろ英語なんてまともに話せない人の方が多いです。

特に近くて比較的行きやすいアジア圏であれば、元から英語なんてそれほど通じませんし、英語が出来るかどうかなんて関係無いので、海外初心者の一人旅におすすめの国ばかりです。

 

ロク

夢を壊すような話かも知れませんが、海外旅行でも、海外に住んでいても最低限のお金さえあれば英語が話せなくて困ることはありませんね。

 

5位 街が綺麗で安全なマレーシア・クアラルンプール&マラッカ

クアラルンプールは、何度も訪れたくなるほどたくさんの観光地や見どころがある訳ではありませんが、最初の海外一人旅には選びやすい国です。

無料のバス、タクシー、電車、モノレールなどの交通網がしっかりと整備されていますし、安くて美味しい屋台メシからリーズナブルで贅沢なレストランまで幅広く楽しめますね。

・日本から直行便で7時間

・直行便の往復航空券 35,000円から50,000円

・日本との時差は1時間

・1年の平均気温は28度から30度

・11月から2月が雨季でそれを外せば年中シーズン

・繁華街周辺は英語と中国語はかなり通じるが、中高年には通じない

イスラム教の人が多いので、街中にはモスクがたくさんありますので、モスク好きには嬉しい街です。

クアラルンプールはショッピングモールがかなり多いですね。

市街地から気軽に行ける観光地「バトゥ洞窟」

たくさんのお店が集まる「セントラル・マーケット」は中々見応えがありますよ。

クアラルンプールからはバスでの移動が必要になりますが余裕があるなら世界遺産の街「マラッカ」へも行きましょう。

マラッカに行くのであれば1泊するのがオススメです。

大阪発!金曜深夜発のLCCでマレーシア2泊3日の格安海外一人旅今は週末に2泊3日あれば、格安で航空券が買えるエアアジアなどのLCCを利用して、いつでも海外に行くことができるのに「週末で海外なんて金持...

 

4位 神秘の国 インドネシア・バリ島のクタ&ウブド

バリ島は日本から直行便で約7時間で行けるリピーターの多い人気の島です。

同じインドネシアでも、ジャカルタとバリ島では全く違うと言っても良いほどバリらしい文化を楽しめます。

・日本から直行便で7時間

・直行便の往復航空券 40,000円から60,000円

・日本との時差は1時間

・1年の平均気温は27度から28度

・4月から10月が乾季でおすすめ

・英語は観光客が多いので使われているが田舎は通じない

11月から3月は雨季ですが、日本の梅雨のように一日中雨が降るわけではないので、それほど気にする必要はありません。

人気の観光地のため観光ルートが出来上がっているので、初心者の一人旅で現地のツアー会社に飛び込んでも指差しで済んでしまうくらいに簡単です。

●ウルワツ寺院のケチャックダンス


 

●繁華街のクタ・ビーチ周辺で楽しむ

 

●レンボンガン島満喫ツアーに参加する

バリの5つ星ホテル・ザ サマヤ スミニャックでのんびり過ごすも良し。

5つ星ホテル・ザ サマヤ スミニャック
もう少し一人旅をチャレンジしたいのであれば人気のウブドまで行くのも良いですね。

クタ周辺であれば街中のあちこちでウブド行きのバンを出しているツアー会社があるので簡単です。

 

ウブドにはたくさんの舞台があるので、毎晩伝統舞踊を見ていても飽きませんよ。

 

ウブドから帰る時も同じようにクタ行きのバスかバンに乗るだけなので簡単です。

バリ観光での注意点

 

バリ観光で寺院などを訪れる際はキャミソールなど露出の多い服装は厳禁です。

露出多い服装、ストール無しでは入れない寺院がほとんどですので気を付けましょう。

寺院によってはストールは貸出をしているところもありますが、腰に巻くストールなどは街中に安く売っているので、寺院を巡る前に1つ購入すると良いですね。

バリ島のウブド
バリ島|ウブド観光バイクをレンタルしてウルンダヌバトゥール寺院へ バリ島は華やかな市街地の「クタ周辺」と山間部の「ウブド」のどちらに長く滞在するかで悩みましたが、基本的にビーチや街中でのナイトラ...

 

3位 一人旅の聖地 カンボジア・シェムリアップ

日本からの一人旅で間違いなく外せない鉄板のシェムリアップ「アンコールワット」ですね。

現地での移動も簡単

観光客用の環境が整っている

宿が激安でクオリティが高い

など、一人旅の条件が揃っているので、日本人が多いゲストハウスなどを選べばツアーの仲間なども簡単に見つかります。

ただし、日本からの直行便が無いので海外初心者の一人旅には少しハードルが上がる上に、航空券も安くないので3位です。

・日本から乗り継ぎ含めて8時間から9時間

・直行便の往復航空券 50,000円から70,000円

・日本との時差は2時間

・1年の平均気温は27度から28度

・11月から4月が乾季と暑季でおすすめですが、12月から2月がベストシーズン

・英語は元々通じないが観光客相手にしている人が多いので単語と身振り手振りでやり取りできる

 

アンコールワット遺跡群は、まったく遺跡に興味が無くても、実際に目にすればグッと来るものがありますよ。

アンコールワットと合わせて行きたい「ベンメリア」

ベンメリアは現在も観光客用の足場だけを置いて、修復されずに放置されている状態なので、アンコールワットとは違った感動があります。

夜は繁華街のパブストリートで楽しむこともできます。

ビールが格安なのでお酒が好きな人にはたまらない場所ですね。

シェムリアップのパブストリート

シェムリアップのナイトマーケットもおしゃれで欲しくなるものがたくさん

一人部屋、バスタブ付き、エアコン付きで一泊8$のGreenpark Village Guesthouseに泊まった時に出た食事が30cmのチキンサンドイッチ+レモネード(+フルーツ盛り)

カンボジアにはこのような格安で美味しい朝食付きの宿がたくさんありますが、激安過ぎると劣悪な環境の宿もありますのでしっかりとチェックしてから予約するようにしましょう。

シェムリアップ一人旅におすすめの安くてコスパが良い宿 TOP5 宿泊費が異常に安く、豪勢な朝食などやたらとサービスが良いのがカンボジアの安宿の特徴。 個人的にドミトリーは...

 

2位 東南アジア代表の観光立国 タイ・バンコク&チェンマイ

直行便でも航空券が安い。

観光地や繁華街が多くて、ショッピングモールなどもたくさんある。

食費が安くて、屋台メシが美味しいので、ローカルの旅気分を味わえる。

現地の交通網が整っている。

などなど、の理由によりタイが2位となりました。

・日本から直行便で7時間

・直行便の往復航空券 30,000円から50,000円

・日本との時差は2時間

・1年の平均気温は27度から28度

・11月から5月が乾季と暑季でおすすめですが、11月から2月がベストシーズン

・英語は思ったより通じない

 

バンコクといえば、一人旅のバックパッカーと言えば一昔前は聖地と呼ばれた「カオサンロード」ですね。

昼間はなんてことのない街が夜になると毎晩ばか騒ぎのカオスと化します。

もうココを歩いているだけで立派なバックパッカーになった気分を味わえますよ。

 

今では、沈没しているバックパッカーよりも一般の観光客の方が多くて危ない感じはしません。

それでも十分に雰囲気はありますし、私が滞在中にナイフで切られて血だらけになっている人を見ましたので変なトラブルは起こさないようにしましょう(笑)

また、バンコクは発展した街で歓楽街しかイメージが無いですが、周辺には寺院、王宮、十分に旅を楽しめる観光地があります。

安くクルージング気分を楽しめるバンコク市民の足でもあるフェリーからの眺めも情緒があって良いですね。

リクライニングブッダ「ワット・ポー」も思った以上に大きくて壮観です。

バンコクの最大級市場「チャトチャック・ウィークエンド・マーケット」は週末土日のみ開催していますので、タイミングが合ったら寄ってみると良いですね。

電車、バス、または飛行機での移動が入るので、一人旅の難易度は上がりますが、個人的にはチェンマイがオススメです。

バンコクの歓楽街イメージとは違い古都を感じさせる情緒あふれる街で私はとても気に入ってます。

 

十分に歩いて周れる狭い地域にあるいろんなお寺を楽しめます。

週末は巨大なナイトマーケットが開催されて人で溢れます。

一番良いのはチェンマイのナイトマーケットは他の東南アジアのバッタ物マーケットと違って、手作り品やおしゃれなデザイナーズアイテムなどが多くて目を楽しませてくれるところですね。

雑貨好きな女性は本当に楽しいと思いますよ。

 

もちろん、屋台もたくさんあるので激安の食べ歩きも楽しいですよ。

タイのお祭り「ロイクラトン」でコムローイの一斉上げを行うのもチェンマイですね。

チェンマイの街中で上がるコムローイ
チェンマイ一人旅でランタン祭り2018に参加【ロイクラトン】 今回はタイ・チェンマイの一人旅で「塔の上のラプンツェル」でもお馴染みの空を舞うランタン祭り「コムローイ」を楽しむお話です。 ...

1位 日本から近くご飯が安くて美味しすぎる台湾

英語が話せない海外初心者におすすめの国1位は「台湾」です。

言うまでも無いかも知れませんが、近い・安い・安全・美味しいと全てが揃っているので2泊3日の週末旅行でも十分に楽しめます。

しかも、英語なんて話せなくても観光地には日本語が通じる人も多く、日本人は漢字が読めるのでなんとなく理解できてしまいますからね。

国内旅行並の気軽さもあり、日本から年に2回~3回と遊びに行くリピーターも多い国です。

・日本から直行便で3時間30分

・直行便の往復航空券 20,000円から30,000円

・日本との時差は1時間

・1年の気候は日本と同じような感じ

・四季があるのでいつでも良いが春と秋がおすすめ

 

台湾観光と言えば「千と千尋の神隠し」的な雰囲気を楽しめる観光地で有名な「九份」は外せません。

時期関係なくいつでもスカイランタンが楽しめる「十份」でのランタン上げや、十份の近くにある台湾の猫村「猴硐(ホウトン)」などに行くのも楽しいですね。

十份では旧暦の1月15日(元宵節の日)にランタン一斉上げの「平渓天燈祭」も開催されるので、時期を合わせて行くのも良いですね。

九份と十份は隣の駅のようなイメージですが、電車やバスを乗り継いで行かないといけないのでローカルの旅も楽しめます。

これはハードルが高そうですが、先にも書いたように日本人は看板の漢字が理解できるので難しくはありません。

台北市内から九份への行き方
台北市内から九份と十份への行き方は電車やバスでも簡単 台北市内から人気の観光地の九份や十份は地図で見ると離れているので遠く見えますが、実際には電車やバスで片道1時間30分もあ...

 

101階建て508メートルの高さを誇る「台北101」も外せない観光地ですね。

高層建造物としては世界で10番目の高さで、展望フロアもありますし、6階まではショッピングモールになっているので、台湾観光ではマストです。

 

台湾と言えば観光よりも街中や夜市の食べ歩きの方が有名ですね。

食べ歩きに最適なのはナイトマーケットでも台湾で一番有名な「士林夜市(しりんよいち)」です。

格安の屋台を楽しめますし、アジアの雰囲気も十分です。

 

台湾へ旅行するのであれば交通、オプショナルツアー、レストランなどいろいろ割引で購入できる割引クーポンサイトは必ずチェックしておきましょう。

台北の1日観光モデルコース・主要な観光地と九份や十份も全部行ける 今回は、台北旅行の1日観光モデルコースで、台北市内の主要な観光地と九份と十份をまとめて周るルートを作ってみました。 ...

 

初心者が最初の一人旅で行かない方がいい国

初心者が最初の一人旅で行かない方がいい国といえば・・・

 

これはもうダントツで「インド」です。

 

インドは若いうちに行けとか、人生観が変わるから一度は行けとかいろいろ言われているインドですが、最初の一人旅にはリスクが高すぎます。

インド人がしつこ過ぎて怖くて嫌になる。

騙されるトラブルのリスクが高い。

体調を崩すリスクが非常に高い。

観光地と観光地の移動が大変。

訪れるべき国としては行くべきな国なのですが、何も最初の海外一人旅で行く必要はありませんね。

せめて、2~3カ国は行って、旅慣れてから行くようにすると良いですね。

 

最期に:海外一人旅で絶対に守ること

 

海外を一人旅する時に一番大事なことは、安全の確保をすることです。

当たり前と言えば当たり前なんですが、海外に出ると日本では考えられないような行動を平気でしてしまう人がめちゃくちゃ多いです。

例えば。

街で声を掛けられたローカルと気があって家でパーティがあるからと招待されてそのままついていく

考えられませんが、これについていく人の多いことと言ったらびっくりしますね。

確かに、海外旅行のブログなどを見ていると「とても良くしてもらった」「いい人に出会った」などという体験をしている人もいますが、そんなことは日常的にあることではありません。

少なくない確率で、ついていった先で「睡眠薬強盗」「賭博詐欺」「監禁」などの犯罪に巻き込まれますね。

基本的に海外で行動する時に「声を掛けられた人についていかない」というのは鉄則です。

海外で声を掛けてくる人なんて、まず95%間違いなくなんらかの下心がある人と思って間違いありません。

それが、片言でも日本語を使うようであれば120%ですね。

特に英語が話せない人は、日本語で話しかけられると嬉しくなってしまってホイホイとついていってしまいがちです。

私日本で働いた経験がある!懐かしい!

私は日本の大阪に親戚がいます!

などという嘘を真に受けないように気を付けましょうね。

海外旅行や留学で必須の持ち物1位
留学でも海外旅行でも絶対に忘れてはいけないのが「無料付帯の海外旅行保険付きクレジットカード」です。エポスカードは数ある無料クレジットカードの中でも、海外旅行保険の無料付帯が最強の一枚です。万が一のときも持っているだけで保険が使えますので必ず所持したいクレジットカードです。マルイでのショッピングや海外キャッシングにも便利ですね。
年会費 永年無料
発行に掛かる時間 ネットで通常1週間・マルイ店頭受け取りなら即日発行
海外旅行保険 自動付帯・海外旅行で所持しているだけ大丈夫※VISA
ポイント 200円ごとに1ポイント・プリペイドへのチャージも可能
ロク

クレジットカードなんて1~2枚あれば良いと思っていませんか?海外では事故で搬送されたら100万なんて普通です。
クレカの保険は複数枚あれば加算して使えるので万が一に備えましょう。

 

 

海外旅行に出る前にチェックすべきサイト1位

KKdayは、日本人に人気の「台湾」「タイ」「バリ島」「ベトナム」「香港」などのアジア圏だけでなく、「ハワイ」「オーストラリア」「ニューヨーク」などの格安の現地オプショナルツアーや現地で必須になる交通手段、現地Wi-Fiなどを割引価格で事前に申込みができるとても便利なサイトです。旅行前や旅行中にチェックしておくだけで、数%から数十%の割引が利用できるので使わないと損です。
特徴① 直前や当日でも購入して利用できる割引クーポンが多数ある
特徴② 1人参加でも割高にならない格安のオプショナルツアーが多数ある
特徴③ クレジットカードが使えるのでポイントGETで更に割引

 

海外旅行のホテル探しに便利なサイト1位
ホテルズコンバインドは、あらゆるホテル予約サイトを一括して検索して最安値のホテル予約サイトを見つけることができるめちゃくちゃ便利なサービスです。いちいち、アゴダ、ブッキングドットコム、ホテルズドットコムなどを見て回らなくて良いので本当に楽です。
便利度